元職場だった小売店に、遅かれ早かれ戻りたいと思っている。
自己実現が自分なりにできている今の仕事は今の仕事で好きだから握ったまま、もし受け入れられて戻れた場合、形としてはダブルワークすることになる。

庶民的で飾らない、あのお店のローカルな雰囲気がいつも好きだし、働いている仲間たちも活き活きしている人たちが多い。
だから自分もまた、地域に活力を提供する店員さんその1になりたい。

屋外での業務は本当に暑い日寒い日、雨風吹きっ晒しの中、カンカン照りの中過酷で屋外勤務手当でもほしくなるぐらいだけど、あのお店で一汗流したときの気持ちよさを忘れたというわけではない。

ひと仕事をみんなで共有して、みんなで遂行して、協力し合って完成させていく。
丸一日フルタイムで入ったとき、一日の仕事が終わるそのとき片づけをしながら「あー、いい汗かいたぁ!」と働くこと人の役に立つことの気持ちよさ心地よさ、達成感、充実感を覚えたものだ。

事情があって職場を離れてからも、お客さんとして買い物に来るのだって好きなお店だ。

もちろん大変だし、しんどいこともあるし、いいことばっかり言われる世界ではない。
でも、ちょっとぐらいお給料が低くても、笑顔で働けること、好きと思える職場で気持ちよく一仕事できるって大事だし健康なことだと思う。

お肌のお手入れも怠らずにww
http://www.bamillionaire.com